買取と質預けの違い

「質屋 池袋」の事に関する情報サイトです。
池袋に限らず全国の質屋では品物を担保にお金を借りる事もできますし、不用品やお金になりそうなものを持って行って買い取ってもらうこともできます。

買取と質預けの違い

質屋を利用する場合は、2種類の利用方法があります。

一つは品物を買い取り、それを店頭に並べて販売する。

もう一つは品物を担保として持ち込み、品物の価値に見合った金額を借り、利子をつけて期限までに返済する事です。

担保として商品を預けていても借りたお金には利子が発生しますし、期限内に返済できない場合は、返済しない代わりに品物の所有権を失いますので、担保として預けた品物は「質流れ品」となり、質屋の店頭で販売されます。

これはブランド品、中古品、時計、衣料品、ブランドジュエリーのリングなどでもすべて同じ扱いになります。

品物を失いたくない場合は、期日前に利子も含めて返済すれば、返済時に品物を返してもらえます。

どうしても完済できない場合は、一旦利子を支払い、期日を延期してもらう事もできます。

元々質屋は金貸し業をメインとしていましたが、今はブランド品の買い取りの方が注目されていますが、池袋の質屋でも買取と質預けの両方利用できます。

これは池袋に限らず全ての質屋に共通しています。

最近はブランド買取専門の質屋もありますが、違う窓口で金貸し業も営んでいるスタイルが多いので、探したり聞いたりすればお金を借りる事もできます。

ブランド物の中には、精密なコピー商品もありますが、ブランド物の買取を専門にしている場合は、鑑定眼を持った鑑定士が厳しく鑑定しますので、偽物やコピー商品は買い取ってもらえません。

これは宝飾品も同じですが、鑑定士が居るところは安心です。