質屋のスタッフってどんな人?

「質屋 池袋」の事に関する情報サイトです。
質屋を営むには資格が必要ですが、池袋の質屋にはどんなスタッフがいるのでしょうか?

質屋のスタッフってどんな人?

池袋にもたくさんの質屋がありますが、質屋のスタッフはどんな人なのでしょうか?

まず質屋を営むには、質屋営業許可を取得しなければいけません。

質屋とリサイクルショップは同じだと思われる事がありますが、実際には全く違います。

リサイクルショップは不用品などを持ち込み買い取って貰う事や、お店に行って欲しい物が見つかれば買う事もできます。

質屋でもこれがかのうですが一番の違いは、質屋ではお金を借りる事ができる事です。

■参考ページ・・・東京質屋協同組合青年部(東質青年部)

商品の売買だけでなく金融業も営めるのが質屋なのに対し、リサイクルショップは商品の売買のみとなっているのです。

もちろん商品の売買をするにあたり、必要な許可や手続きはありますが、質屋を営むには資格が必要です。

資格だけでなく、質屋では担保として品物を預かりお金を貸す事もありますが、その間預かった品物を保管しておかなくてはいけません。

保管場所もどこでもいいというわけではなく、商品を預かった時の状態のまま保管できる場所や、ある程度のスペースなども決まっています。

質屋では時に品物を鑑定しますが、宝石やアンティーク品を鑑定する場合は、美術鑑定士の資格が必要になります。

池袋ではブランド品を買い取る質屋もありますが、この場合はブランド品の目利きができる事が条件となりますが、ブランド品に関しての鑑定には特に資格は必要ありません。

しかし商品を見極められるスキルは必要ですから、ブランド品を知っている人が向いているかもしれません。